900年ぶり末裔“再会” 平安の兄弟、記事契機に

 自身の先祖や地域の歴史を調べ、書籍化してきた小野寺宏さん=仙台市(写真左)と、新聞記事を読み、小野寺氏と山内氏は兄弟関係にあったのではとピンときた山内研治さん=大阪府豊中市
 自身の先祖や地域の歴史を調べ、書籍化してきた小野寺宏さん=仙台市(写真左)と、新聞記事を読み、小野寺氏と山内氏は兄弟関係にあったのではとピンときた山内研治さん=大阪府豊中市
平安時代の兄弟の末裔(まつえい)同士が、新聞記事をきっかけに約900年ぶりに“再会”した。仙台市の小野寺宏さん(99)と大阪府豊中市の山内研治さん(87)。長い時間を経た巡り合いに「全くの偶然」と驚きを見せ、新型コロナウイルス下で手紙のやり.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録