【八戸ねこ物語】(16)ミロ君(ねこカフェ猫八)

かぶり物検定1級のミロ君。全く嫌がらずに着こなしてくれる
かぶり物検定1級のミロ君。全く嫌がらずに着こなしてくれる
ペットショップできょうだいに踏まれながら寝ていた姿から、「たくましく育ってほしい」という願いを込めて、某飲料メーカーの粉末麦芽飲料から名付けられた、アメリカンショートヘアのミロ君(8)。「プップッ」「ハァッ」という鳴き声が特徴的な、八戸市内.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録