JR運賃2~6割上げ必要 路線維持前提に40年度試算 野村総研、人口・通勤減で

 路線・利益維持に必要な2040年度の運賃水準
 路線・利益維持に必要な2040年度の運賃水準
全国のJR5社が現在の路線を維持した上で2019年度の利益水準を確保しようとした場合、40年度には単純計算で2~6割程度の運賃引き上げが必要となることが22日、野村総合研究所の試算で分かった。今後も人口減少が続く上、新型コロナウイルス禍で広.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録