手術に伴う痛みの制御研究 十和田中央病院、弘前大に「寄付講座」開設

寄付講座の開設式に臨む(右から)丹野弘晃事業管理者、小山田久市長、福田眞作学長、廣田和美教授=22日、弘前大医学部
寄付講座の開設式に臨む(右から)丹野弘晃事業管理者、小山田久市長、福田眞作学長、廣田和美教授=22日、弘前大医学部
十和田市立中央病院は本年度、弘前大大学院医学研究科に「地域侵襲制御医学講座」を開設した。同大の麻酔科医1人が同病院に常勤し、手術など医療行為に伴う痛みの制御などについて臨床研究に取り組む。両者は研究を通して、人材育成と地域医療のさらなる充実.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録