特別児童扶養手当、2件で少なく支給 青森県が事務処理ミス

青森県は21日、障害がある子どもを育てる保護者に支給される「特別児童扶養手当」について、過去2年分の認定事務に関する書類を調査したところ、2件の誤認定が判明し、本来の支給額よりも少なく支給していたことを明らかにした。3月に県が公表した同様の.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録