司法悪用、気付かれず勝訴 隙突く犯罪、どう防ぐ

 「知らぬ間敗訴」の流れ
 「知らぬ間敗訴」の流れ
相手方に気付かれないよう提訴して欠席裁判で勝ち、預金を差し押さえていた男(39)に、大分地裁は3月、有印私文書偽造・同行使などの罪で実刑判決を言い渡した。相手方が故意に訴状を受け取らない場合に、裁判所から訴状を発送した時点で届いたとみなす「.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録