避難「どうすれば」 警報時、施設一部利用できず/八戸市津波ハザードマップ改定案

八戸市が21日に公表した津波ハザードマップの改定案。浸水規模の拡大によって、避難に利用できない施設が増えた
八戸市が21日に公表した津波ハザードマップの改定案。浸水規模の拡大によって、避難に利用できない施設が増えた
八戸市が21日に公表した津波ハザードマップの改定案では、大津波警報が発令された場合、津波避難ビルや指定避難所の一部が利用できなくなる。その多くは教育関係施設。市教委は学校ごとに定める避難計画の見直しを進める方針だ。ただ、浸水想定区域では周囲.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録