13避難施設が利用不可 八戸市、津波ハザードマップ改定案公表

巨大地震による津波で新たに利用不可となる八戸市内の施設
巨大地震による津波で新たに利用不可となる八戸市内の施設
八戸市は21日、日本海溝・千島海溝沿いを震源とする巨大地震の発生を想定した、津波ハザードマップの改定案を明らかにした。2013年3月の前回改定時より浸水の規模が拡大。市内の津波避難ビル全27カ所のうち、市総合教育センターなど6カ所を利用不可.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録