響く銃撃音「死を覚悟」 鮮明に記憶、ゲリラの夢も/ペルー日本大使公邸人質事件

 ペルーの日本大使公邸人質事件
 ペルーの日本大使公邸人質事件
1996年12月に発生、翌97年4月に軍特殊部隊の突入で終止符を打ったペルーの日本大使公邸人質事件が22日で、解決から四半世紀を迎える。鳴り響く銃撃音と公邸になだれ込むペルー軍兵士。「死を覚悟した」「ゲリラの夢を見る」。公邸に127日間捕ら.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録