時評(4月21日)

ロシアのウクライナ侵攻が八戸の水産業界に暗い影を落としている。燃油価格の高騰は遠洋、近海を問わず漁業者に波紋を広げ、スルメイカなどのロシア海域での操業も不透明だ。長期の不漁に加え、新たな難題が次々と降りかかる“ハマ”。漁業関係者の多くが、過.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録