天鐘(4月21日)

第1次世界大戦の舞台となったベルギー南部のイーペル。107年前の今日だ。独国軍は前線5キロにわたり塩素ガスを充塡(じゅうてん)したボンベ5700本を運び込み、“その時”を待っていた▼春風が吹き渡る翌22日、風上の独軍が一斉にバルブを開くと、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録