膨らむ輸入、円売り呼ぶ 政府警戒も介入ハードル

 貿易赤字と円安の関係
 貿易赤字と円安の関係
貿易収支の赤字と、歴史的な円安が同時進行している。資源や食料品の高騰で輸入が膨らみ、ドル支払いのため円が売られる構図だ。生活必需品の相次ぐ値上がりで政府は「悪い円安」に警戒を強めるが、為替介入の「実力行使」はハードルが高く打つ手は限られる。.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録