三沢・仏沼、火入れ中に延焼 強風で区域外に、けが人なし

燃え広がった火の消火活動に当たる消防団員=20日午後1時半ごろ、三沢市
燃え広がった火の消火活動に当たる消防団員=20日午後1時半ごろ、三沢市
三沢市などによると、20日午後0時40分ごろ、同市北部のラムサール条約登録湿地・仏沼の西側で、市職員らが環境保全のため火入れの作業をしていたところ、強風にあおられて対象区域外に延焼した。けが人はいなかった。焼失面積は調査中。 仏沼は絶滅危惧.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録