光と影の美しさ表現 えんぶり和紙人形作家高橋さん 帆風美術館で写真展

7年ぶりに写真展を開催している高橋寛子さん
7年ぶりに写真展を開催している高橋寛子さん
えんぶり和紙人形作家としても知られる八戸市鮫町の高橋寛子さん(77)による写真展「茫々庵(ぼうぼうあん)日記」が20日、同市北インター工業団地の帆風美術館で始まった。「茫々庵」と名付けた自宅の庭の草花をはじめ、光と影が見せる美しさと面白みを.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録