【みちのく生き物観察記】枝を飛び渡る身軽さ/ニホンリス

八戸公園の林の間を飛び回るニホンリス=2021年4月
八戸公園の林の間を飛び回るニホンリス=2021年4月
ニホンリスは北奥羽地方では「木ネズミ」とも称され、なじみ深い。日本固有の動物で、本州の中部以北の森林で見られる。活動は早朝が活発で、アカマツなど樹幹が見えやすい林で目にすることが多い。主に樹上の枝を飛び渡り、クルミや松の実などを採食するが、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録