【洋野・ウクライナ避難民】生活費、双子の教育… 避難長期化すれば課題も

ウクライナから避難してきたザイチュック・ナージャさんら4人を受け入れた洋野町。町営住宅を無償で提供するほか、町民との交流の場を設けることも検討しており、安心して暮らせる環境づくりを進める。一方、町内にはウクライナ語やロシア語の通訳がおらず、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録