Free朝のニュースダイジェスト(4月20日)

【ウクライナから避難の4人が会見】
 洋野町(旧大野村)出身で第2次世界大戦後に行方不明となり、ウクライナで生存が確認された元日本陸軍兵士の故上野石之助さんの親族で、ロシアのウクライナ侵攻を受け同町に避難した4人が19日、町内で会見に臨んだ。祖国の悲惨な状況に「一日も早く終息してほしい」と吐露した。

 【性暴力相談、過去最多】
 青森県が開設する「あおもり性暴力被害者支援センター」は19日までに、2021年度の相談件数をまとめた。件数は延べ507件、取り扱った事案数は96件で共に17年度の開設以降、最多となった。

 【今週末にウッドチップ回収】
 八戸港沖で昨年8月に発生したパナマ船籍貨物船の座礁事故で、八戸市の市川漁港近くに大量漂着したウッドチップについて、船主側が今週末にも回収を始める方針であることが19日、分かった。

 【全国学力テスト実施】
 小学6年、中学3年を対象にした文部科学省の「全国学力・学習状況調査」が19日、一斉に行われた。国語、算数・数学に加え、理科も4年ぶりに実施した。結果の公表は7月下旬。

 【防疫措置終了/横浜町鳥インフル】
 横浜町の養鶏場で発生した2例目の高病原性鳥インフルエンザに関し、青森県は19日、防疫措置が終了したと発表した。

お気に入り登録