同僚へのパワハラで戒告処分 八戸市の20代男性職員

八戸市は19日、複数の同僚職員に対するパワーハラスメント行為があったとして、市長事務部局の20代の男性主事級職員を戒告の懲戒処分とした。同市がパワハラで職員を懲戒処分にしたのは初めて。 市人事課によると、男性職員は昨年2~7月、複数の同僚に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録