【参院選】自民と連合、縮める距離 得票・政策実現で相互期待

 連合を巡る与野党の構図
 連合を巡る与野党の構図
自民党が夏の参院選をにらみ、立憲民主党の最大の支援組織である連合との距離を縮めている。良好な関係を強調することで、連合傘下の民間産業別労働組合(産別)からの得票を狙う。連合側も自民との接近で賃上げなど政策実現を期待し、互いに利益を見込む。 .....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録