地元農家で稲の種まき体験/洋野・向田小

虫眼鏡を使って一粒ごとの違いを見つける児童
虫眼鏡を使って一粒ごとの違いを見つける児童
洋野町立向田小(野崎祐司校長)の3年生7人は18日、10年以上にわたって交流を続ける地元農家の川原由次郎さん(68)方でもち米の種まきを体験した。川原さんらと交流しながら汗を流し、農業の面白さに触れた。 児童は計21箱に土を入れてならし、専.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録