時評(4月18日)

日本原子力研究開発機構と三菱重工業などが、新たな高速炉を開発する米原子力ベンチャーのテラパワーと技術協力に向けた覚書を締結した。マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が会長を務めるテラパワーは米西部で2024年着工、28年完成を目指し、計画に.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録