【ウクライナ侵攻】「敵対市民」あぶり出し 息潜める家族、無事祈る

 16日、ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所付近の親ロ派部隊が制圧した地域の兵士(AP=共同)
 16日、ウクライナ南東部マリウポリの製鉄所付近の親ロ派部隊が制圧した地域の兵士(AP=共同)
ウクライナ南東部マリウポリの守備隊を追い詰めたロシア軍は、敵対的市民のあぶり出しを始めた。通りのあちこちに遺体が横たわる要衝の街。戦争犯罪を糾弾されるロシア軍の包囲の中に取り残された民間人は12万人に上る。西部リビウに避難した男性(30)は.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録