米、移民問題で国際会合 長官19~20日パナマ訪問

【ワシントン共同】米国務省は15日、ブリンケン国務長官が19~20日に中米パナマを訪問し、バイデン政権の最重要課題の一つである中米からの移民問題に関し、米州閣僚会合を主催すると発表した。北米と中南米カリブ諸国の20カ国以上の外相らが参加。民.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録