宮城・福島住宅2万棟被害 震度6強1カ月、続く避難

 地震で崩れたままになっている建物=15日午後、福島県相馬市
 地震で崩れたままになっている建物=15日午後、福島県相馬市
宮城、福島両県で最大震度6強を観測し、3人が死亡、240人以上が負傷した地震は16日で発生から1カ月となった。住宅被害は両県で計約1万9400棟に上った。14日には東北新幹線が全線再開したものの、福島県相馬市では、今も約20人が避難所生活を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録