1例目農場から拡大の可能性 遺伝子検査も陽性、殺処分着手/横浜町の鳥インフル

防護服に身を包み、現場に向かう車両に乗り込む作業員=15日午後7時半ごろ、横浜町のトレーニングセンター
防護服に身を包み、現場に向かう車両に乗り込む作業員=15日午後7時半ごろ、横浜町のトレーニングセンター
横浜町の養鶏場で新たに高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いがある事例が発生した問題で、青森県は15日、簡易検査に続き、遺伝子検査も陽性だったと明らかにした。致死率の高い鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認され、国は「疑似患畜」と断定。県.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録