Free朝のニュースダイジェスト(4月16日)

【商業捕鯨 来週にも開始】
 八戸港を拠点に毎春実施されている商業捕鯨が、来週にも始まることが15日、分かった。捕鯨会社の外房捕鯨(本社・千葉県南房総市)などの小型船4隻が共同操業し、青森県沖でミンククジラを捕る。

 【鳥インフル 1例目から拡大か】
 横浜町の養鶏場で新たに高病原性鳥インフルエンザ感染の疑いがある事例が発生した問題で、青森県は15日、簡易検査に続き、遺伝子検査も陽性だったと明らかにした。致死率の高い鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が確認され、国は「疑似患畜」と断定。感染経路不明だが、8日に町内1例目が発生した農場の3キロ圏内にあることから、1例目の感染が拡大した可能性がある。

 【花冷えの一日に】
 夏日が続いた週前半から一転、一気に気温が落ち込んでいる八戸地域。15日は肌寒い一日となり、開いたばかりの桜が冷たい雨にぬれ、花冷えの光景が広がった。

 【逆走事故 酒気帯びで逮捕】
 14日に八戸自動車道で発生した事故で、青森県警高速隊などは15日、軽乗用車が逆走し、乗用車と正面衝突する事故だったと発表。道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、軽乗用車を運転していた八戸市長根3丁目、会社員の男(47)を逮捕。

 【ウミネコのクッキー発売】
 八戸市鮫町の蕪島の国天然記念物指定100周年を盛り上げようと、市内の4事業者が共同で、ウミネコの親子をかたどったクッキー「うみねころりん」を開発、販売を始めた。

お気に入り登録