Free【速報】2例目の遺伝子検査陽性、11万羽殺処分へ/横浜町・鳥インフル

横浜町の養鶏場で新たに高病原性鳥インフルエンザの疑いがある事例が発生した問題で、青森県は15日、養鶏場の鶏を遺伝子検査した結果、陽性だったと明らかにした。国も「疑似患畜」と判定。県は同日午前11時から養鶏場で飼育している約11万羽の殺処分を開始する。
………………………………………
※詳しくはあすの朝刊かウェブサイトで。
アプリダウンロードはこちら。
https://www.daily-tohoku.news/user-guide-app

お気に入り登録