首相、まん延防止回避に躍起 コロナ感染増、経済活性化ジレンマ

 首相発言と主なコロナ対策
 首相発言と主なコロナ対策
新型コロナウイルス感染者数の増加傾向に、岸田文雄首相が神経をとがらせている。参院選投開票が想定される7月10日まで3カ月を切っており、まん延防止等重点措置の適用は何としても回避したい考え。社会経済活動を活性化させたいが、感染状況の悪化リスク.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録