時評(4月14日)

ロシアによるウクライナ侵攻でロシア軍による民間人殺害が次々と明らかになる中、国際的な平和と安全の維持に責任を負うべき国連の存在意義が問われている。国連はロシアの戦争犯罪を非難しウクライナを支援するために、改革の道を進まなければいけない。 5.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録