貝殻原料の除菌剤製造法、国連工業開発機関に登録 プラスラボ(八戸)、海外展開を視野

国連の機関に登録された技術を用いた製品を紹介する沢田新一代表取締役=13日、八戸市
国連の機関に登録された技術を用いた製品を紹介する沢田新一代表取締役=13日、八戸市
ホタテの貝殻を原料にした除菌剤を開発するプラスラボ(八戸市、沢田新一代表取締役)は13日、同社の製造技術が、途上国の支援に当たる国連工業開発機関(UNIDO)東京事務所のサステナブル技術普及プラットフォーム(STePP)に北東北地方で初めて.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録