ブランド化、遠い信頼回復 表示厳格化も買い控え/熊本アサリ出荷再開

 輸入アサリの産地偽装防止策と課題
 輸入アサリの産地偽装防止策と課題
輸入アサリが県産と偽装されていた熊本県で、2カ月ぶりに出荷が再開した。国は再発防止へ産地表示のルールを厳格化。県も独自の認証制度を導入し、ブランド構築に乗り出した。ただいったん失った信頼の回復は遠く、買い控えも広がる。 ▽ショック 「偽装が.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録