【貨物船座礁】撤去開始以降、油の浮遊確認 百石町漁協、シラウオ漁休止

10日に始まった貨物船船尾部分の撤去作業。周辺では漁業者らが油の流出を確認した=八戸港沖
10日に始まった貨物船船尾部分の撤去作業。周辺では漁業者らが油の流出を確認した=八戸港沖
八戸港沖で昨年8月に発生したパナマ船籍の貨物船座礁事故で、現場海域に残る船尾部分の撤去作業が始まってから、八戸市やおいらせ町の沖合で油の浮遊が確認されている。百石町漁協(おいらせ町)は、盛漁期のシラウオ漁を休止。船主側は現在、油が残る可能性.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録