天鐘(4月13日)

♪さくらーさくらーと歌い出すお馴染(なじ)みの『さくら』は江戸末期、琴の手ほどきをするために作られた古謡だという。歌詞の「霞(かすみ)か雲か」はちょっと早いが、遠くに咲き誇る桜が白い霞か雲のように見える―と詠っている▼霞は「微細な水滴が空中.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録