【みちのく生き物観察記】雪景色に溶け込む冬毛/ノウサギ

八甲田高田大岳の麓のノウサギ(写真上)、雪原を疾走するノウサギ=3月22日
八甲田高田大岳の麓のノウサギ(写真上)、雪原を疾走するノウサギ=3月22日
ノウサギは平地から山岳の森林限界付近まで広く分布する。東北に生息するのはトウホクノウサギという亜種。頭胴長40センチほどで猫ぐらいの大きさ、長い耳が特徴。草木の芽や樹皮などを鋭い歯でかみ切る。 夏毛は褐色だが、冬毛は白で雪景色に溶け込む。残.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録