「廃線前触れか」沿線警戒 JR西の在来線区間収支公表

 JR西日本の輸送密度2000人未満の路線(在来線区間)
 JR西日本の輸送密度2000人未満の路線(在来線区間)
JR西日本が、利用者数が少ない在来線区間の収支公表に踏み切った。同社は近年、採算が厳しい路線の在り方を見直したい姿勢を、繰り返し打ち出している。公表対象となった路線の沿線自治体からは「廃線への前触れだ」といった警戒の声が上がる。過疎化や少子.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録