現職、対ロ制裁がジレンマに 極右候補は猛追/フランス大統領選

10日実施のフランス大統領選第1回投票で、現職の中道マクロン大統領と極右、国民連合(RN)のルペン候補の2人が、決選投票へ進んだ。 マクロン氏が勝利した前回2017年大統領選と同じ顔ぶれだが、今回選挙戦では第1回投票直前になってルペン氏が猛.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録