【八戸・三春屋閉店】巨大店舗の利活用焦点 現時点で見通し立たず

閉店のセレモニーでは、涙を流して別れを惜しむ市民の姿もみられた=10日、八戸市十三日町
閉店のセレモニーでは、涙を流して別れを惜しむ市民の姿もみられた=10日、八戸市十三日町
従業員の再就職やテナントの移転など多くの課題を残して、閉店を迎えた八戸市十三日町の「三春屋」。中心街のにぎわい創出へ、焦点となるのが店舗の行方だ。運営会社は売却や賃貸、テナントビル化などを視野に再興を目指す意向。一方、一部の従業員に利活用を.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録