ロ軍ウクライナ侵攻、保有論を後押し 自民が敵基地攻撃能力巡り議論

 敵基地攻撃能力を巡る政府と主要政党の立場
 敵基地攻撃能力を巡る政府と主要政党の立場
自民党が「国家安全保障戦略」の改定に向け、敵基地攻撃能力の保有を政府に提言する方向となった。ロシア軍のウクライナ侵攻や中国、北朝鮮の軍備増強で高まる緊張が保有論を後押しする。だが連立を組む公明党は慎重姿勢を崩しておらず、与党間調整が課題とな.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録