【ウクライナ侵攻】化学兵器使用、懸念消えず 「恐怖狙い」中東の被害者

 中東の紛争で使われた化学兵器の被害
 中東の紛争で使われた化学兵器の被害
ウクライナに侵攻したロシアが戦局の打開を狙って、化学兵器を使うとの懸念が消えない。化学兵器で多数が殺傷された中東のイラクやシリアなどでは、家族や隣人を亡くし後遺症に苦しむ被害者の間で「ロシアが敵に恐怖心を植え付けるために使うかもしれない」と.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録