検討対象地震を仮想断層に変更 東通原発、基本地震動策定巡り/東北電

東北電力は11日、新規制基準適合への審査を受ける東通原発(東通村)について、耐震設計の目安となる揺れ(基準地震動)の策定に向け、検討対象とする地震を見直す方針を示した。震源として考慮する活断層「横浜断層」とは別に、長さ20キロの断層を仮想し.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録