【連載・十和田湖 信仰の道】(5)新道碑

子ノ口にある元禄六年十和田山新道碑=2022年3月
十和田湖畔子ノ口にある「元禄六年十和田山新道碑」。1600年代終盤、盛岡南部藩が大々的に十和田山新道を普請したことを記しているが、「新道」とは何を指すか不明だった。 ところが調査で、五戸道と七戸道の一部で中世以来の道を大改修し、歩きやすくし.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録