Free「今日から君も仲間だ!」 “鬼滅”黒板アートで新入生歓迎/八戸北高

新1年生を歓迎するために美術部員らが描いた黒板アート
新1年生を歓迎するために美術部員らが描いた黒板アート

「今日から君は北高の仲間だ!」―。青森県立八戸北高の美術部員と有志12人が、7日に入学した新1年生を歓迎するため、教室の黒板に人気アニメ「鬼滅の刃」のキャラクターをチョークで描いた。黒板アートを見た新1年生は「北高生として認められたようで、うれしい」と笑顔を見せた。

 昨年の卒業式で、黒板アート制作を体験した現在の同部2、3年生らが新入生240人を迎える目的で初めて実施。6クラスと選択教室の計7教室に、それぞれキャラクターとせりふを描いた。

 鬼滅の刃を選んだことについて、副部長で3年の津川沙千さん(17)は「みんなが好きな作品。クラスメートと会話する機会になればと思った」と語る。

 黒板アートはチョークにない色をつくり出す作業や、光の部分を描くのが難しいという。メンバーは、3月30日から入学式前日の6日まで丹念に時間を掛け、大作を完成させた。部長で3年の米久夏美さん(17)は「頑張ったこの作品を見てもらい、新入生が何か好きなことを見つけて頑張るきっかけになればうれしい」と願いを込める。

 作品を見た1年の三浦孝征さん(15)は「色彩豊かで迫力もあり、熱意がびりびりと伝わってくる。(先輩の歓迎に)胸が熱くなった」と感激していた。

お気に入り登録