Free汗ばむ陽気、気温ぐんぐん 八戸、6月下旬並みの暖かさ

汗ばむ陽気となった八戸市内では、青空の下、元気よく遊ぶ子供たちの姿が見られた=9日午前10時半すぎ、八戸市
汗ばむ陽気となった八戸市内では、青空の下、元気よく遊ぶ子供たちの姿が見られた=9日午前10時半すぎ、八戸市

高気圧に覆われた青森県内は9日、雲一つない好天に恵まれた。午前中から気温がぐんぐん上昇。汗ばむ陽気となった八戸市内の公園では、青空の下、駆け回る子どもたちの元気な声が響いた。

 この日の最高気温は、八戸22・3度、三沢21・5度など、県内の観測地点で軒並み今年最高を記録。八戸では6月下旬並みの暖かさとなった。

 八戸市尻内町のフラットアリーナに隣接する公園では、子どもたちが走り回ったり、遊具で遊んだり。この陽気に半袖や短パン姿の男児もいて、楽しそうにはしゃいでいた。

 友達と一緒に訪れていた市立三条小5年の小田康暉君(11)は「ここは思いっ切り遊べるので楽しい。暑いけど、滑り台で風を感じられるので気持ちいい」と笑顔を見せた。

お気に入り登録