八戸・三春屋きょう閉店 “中心街の顔”52年の歴史に幕

52年の歴史にピリオドを打つ三春屋=9日、八戸市十三日町(左)と、三春屋の主な歴史
52年の歴史にピリオドを打つ三春屋=9日、八戸市十三日町(左)と、三春屋の主な歴史
八戸市十三日町の三春屋が10日、52年の歴史にピリオドを打つ。地下食料品売り場を最大の強みに、買い物だけでなく、交流の拠点として市民に愛されてきた。にぎわいをもたらす“中心街の顔”も、時代を経て集客力が低下。経営改善に至らず、閉店の道を選択.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録