若者、SNSで相談急増 政府の孤独・孤立調査

 テレワークでSNSによる相談に応じる東京メンタルヘルス・スクエアの相談員=2020年6月
 テレワークでSNSによる相談に応じる東京メンタルヘルス・スクエアの相談員=2020年6月
政府が8日公表した孤独・孤立に関する初の実態調査では、20~30代の若者に孤独感が強いことが分かった。新型コロナウイルス禍で、自殺予防を担うNPOには交流サイト(SNS)を通じた相談が急増。一方、困窮家庭への支援では戸別訪問を通じ、新たな地.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録