実名報道、バランス模索 更生重視か、社会で共有か/19歳被告の氏名公表

 少年法により原則逆送とされる罪名
 少年法により原則逆送とされる罪名
甲府地検が殺人などの罪で19歳の特定少年を起訴し、「重大事案」として氏名を公表した。多くのメディアが氏名や顔写真など本人を特定できる情報を報じた。改正少年法が1日に施行されたことに伴う変化だ。再発防止につなげるため社会で共有すべき情報か、若.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録