【評伝】自分の心を素直に/藤子不二雄Aさん死去

 若き日の藤子・F・不二雄さん(左)と藤子不二雄Aさん=1965年11月
 若き日の藤子・F・不二雄さん(左)と藤子不二雄Aさん=1965年11月
藤子不二雄Aさんは漫画家になる前、故郷の富山県で新聞社に勤めていた。共作の相棒だった藤子・F・不二雄さんから上京を促された時のことを生前こう語っていた。 「仕事は面白いし、給料も良かった。辞めるつもりなんて、これっぽっちもなかった」 自伝的.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録