都市農地、最低7割は存続 税優遇延長、地価下落回避 「多い」との評価も

 東京都板橋区の「生産緑地」(国交省提供)
 東京都板橋区の「生産緑地」(国交省提供)
2022年から税制優遇の期限を順次迎える都市部の農地「生産緑地」のうち、少なくとも7割程度は農地として存続する見通しであることが7日、国土交通省の調査で分かった。税制優遇の期限到来で多くの農地が宅地に転換され、都市部の地価が急落する「202.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録