声上げぬ子、察知し支援 経験「強み」にもなるよう/小学生ケアラー初調査

 松本恵理子さんの長女(上)に寄り添う次女(松本さん提供)
 松本恵理子さんの長女(上)に寄り添う次女(松本さん提供)
日常的に家族の世話や介護をする「ヤングケアラー」は、年齢が低いほど「当たり前のお手伝い」だとして自分の境遇を自覚しづらい。学校現場では「どんな負荷なら手を差し伸べるべきか。線引きが難しい」との迷いもある。声を上げない子どもをどう察知し、支援.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録