医療従事者ビタミンD不足 コロナ禍、外出減影響か

 ビタミンD不足となるイメージ
 ビタミンD不足となるイメージ
新型コロナウイルス感染症の対応病院で、医師、看護師ら医療従事者の約90%がビタミンD不足―。こうした調査結果を、国立成育医療研究センターが6日までに発表した。ビタミンDは紫外線を浴びることにより体内でつくられる。感染予防のため外出を減らし、.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録